情報システム部門支援

情報システム部門の業務を支援します

社内にITに強い人材が不在でお困りではありませんか?

定期訪問や遠隔操作を活用して企業の情報システム担当者を支援します。

情報システムの導入や情報機器の購入の支援も可能です。

 

間接部門である情報システム部門を維持するのは、企業にとっては大きな負担です。しかし、担当者を他の業務と兼任にしてしまうと、いざという時に対応ができない場合もあり、最新の情報セキュリティに適応していくのも困難です。

当社のITサービスマネージャ(経済産業省情報処理技術者試験)が貴社の情報システム部門担当者として日常業務、トラブル対応を支援します。

  • WindowsOSのセキュリティパッチ対応。
  • ソフトウェアのセキュリティパッチ対応。
  • 業務用のパソコンや周辺機器の故障対応。
  • パソコンやプリンタ等の購入、設定サポート。

 

日常的な運用だけではなく、情報システムを新規に導入する際の、ユーザサイドが行わなければならない工程の支援をすることも可能です。

「要件定義と言われても何をどうやって決めていけばよいのか分からない」

「システムベンダの言っている通りで良いのか判断できない・・・」

こういった悩みを解消することができます。

  • RFIの作成支援。
  • RFPの作成支援。
  • 要件定義の作成支援。
  • WBS作成、プロジェクト進捗管理支援。

 

料金例

【月一回半日訪問+遠隔操作でのサポートの例】

月額料金                40,000円~

RFP作成支援、要件定義書作成支援】

料金                    300,000円~