テレワーク導入支援

在宅勤務や遠隔地勤務の仕組み作りを支援します

在宅勤務制度を始めたいけど上手くいくか分からない・・・そんなお悩みはありませんか?

労働人口減少にともない、在宅勤務などのテレワーク導入が企業にとって必要不可欠な時代になっています。

情報漏洩の不安、コミュニケーションの不足などを解消し、スムーズなテレワークの導入を実現します。

 

決められた一つのオフィスに出勤せずに仕事をすることをテレワークもしくはリモートワークと呼びます。

政府が働き方改革を推奨するのともない、テレワークも働き方改革の手段の一つとして注目を集めています。

公共の基幹でもテレワーク従業員を募集するケースは徐々に増えています。

 

企業がテレワークの制度を導入し、在宅勤務や遠隔地勤務の従業員を増やしていくのにはいくつかの不安点があります。

(1)情報漏洩の不安

社外で仕事をすることは、個人情報や営業情報を社外に持ち出すことに直結します。情報漏洩の発生につながるのではないかという不安はつきまといます。

(2)進捗が把握できなことの不安

同じ職場で働いているのであれば「あの件、どこまで進んでいる?」と聞くだけですむような業務であっても、在宅勤務ではそういうわけにはいきません。

(3)コミュニケーションの不安

在宅勤務は長い期間続くと孤独感を強く感じます。長く続けてもらうためには企業側から孤独感を解消するようなコミュニケーションを図る必要があります。

 

これらの不安を解消するインフラ作り、制度作りをお手伝いします。

料金例

【従業員の自宅からオフィスのLANへ接続できる環境の構築】

1拠点あたりの料金         80,000円~
 

※本社側の環境によりことなります。