シャープが東芝のPC事業を買収

 経営立て直し中の東芝は、子会社である東芝クライアントソリューションの株式の80.1%をシャープに売却しました。これによってdynabookブランドの使用権や製造会社、販売会社の所有権がシャープに移りました。

 

 東芝の代名詞だったdynabookがシャープに移るとは少し前まで考えられなかったですね。むしろシャープの方が倒産が近いとか思われていましたし。

 価格は40億500万円だそうです。かつてのdynabookのブランド力を知っている層にしてみれば、そんなに安くなっちゃたのか・・・というショックが残る価格ですね。

 

 シャープもちょっと前までは自ブランドのPCを製造・販売していました。Mebiusシリーズですね。どちらかというとマニア受け(偏見)はするものの、メジャーにはなりきれなかった印象です。dynabookはかつて販売台数世界一のPCブランドだったわけでノウハウの蓄積はあるでしょうし、シャープの強みである液晶パネルの技術とシナジーを生むことができればdynabookブランドの復権もあり得るかも知れませんね。

https://japan.cnet.com/article/35120299/

 

コラム一覧へ